塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

SBI証券のシン・iDeCoプランが魅力的だった件|セレクトプランの設定が決まりました



f:id:e510r4:20180928003819j:plain

こんにちは、コーディーです。

 

SBI証券より、同社が提供するiDeCo(イデコ)に、新たなプランが加わることが決定しました!

 

その名も「セレクトプラン」です。

 

従来のiDeCoは「オリジナルプラン」として残り、それとは別に「セレクトプラン」が用意され、個人投資家はどちらかを選択することになります。

 

「セレクトプラン」では、「オリジナルプラン」には入っていなかったeMAXIS Slimシリーズセゾン投信などの人気投資信託を買い付けることが出来るようです。

 

結構いいんじゃないでしょうか?!

最近は楽天証券の攻勢がすごいので、SBI証券もがんばっています。

<目次>

 

スポンサーリンク

 

 

セレクトプランの概要

  • 設定した目的
    魅力ある商品・サービスの拡充を行うため
  • 設定日
    2018年11月1日に新規設定(11月1日より資料請求開始)
  • 手数料
    現行のオリジナルプランと同じ

  

セレクトプランで購入可能な投資信託 

「低コスト」と「多様性」にこだわった商品を提供するという趣旨で選定された34商品です。

f:id:e510r4:20180927235718p:plain

 

オリジナルプランからの移行が増えそう

f:id:e510r4:20180928003951j:plain

オリジナルプランとセレクトプランは、手数料無料で自由に変更が可能となるそうです。

 

セレクトプランの投資信託リストを見た印象としては、SBI証券でiDeCoをやっている方はセレクトプランに乗り換える人が増えるでしょう。

 

逆に、オリジナルプランで継続する意味があまり無いですね。

オリジナルプランで目ぼしい投資信託は、iFree NYダウ・インデックス、EXE-iシリーズ、ひふみ年金あたりですが、これらはセレクトプランでも購入ができますしね。

 

コーディーは楽天VTIに投資したかったので、SBI証券から楽天証券にiDeCo口座を移管したのですが(関連記事 ⇒ iDeCo(イデコ)のポートフォリオを変更しました!さらばSBI証券!  )、仮にSBI証券に残っていた場合は間違いなくオリジナルプランからセレクトプランに変更しています。

 

その場合、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)やiFreeダウ・インデックスあたりを中心としたポートフォリオを組むことになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ちなみに、オリジナルプランは、2018年5月1日施行の「確定拠出年金制度等の一部を改正する法律」により、個人型確定拠出年金プランで提示できる商品の上限が35となったことにより、商品の一部が除外されることが決まっています。

 

除外される投資信託を保有している人は早めに別の投資信託にスイッチングすることをおすすめします。

というか、むしろこれを機にセレクトプランへ移行すべきです。

(関連記事 ⇒ SBI証券からiDeCo運用商品の除外予定リストが公表されました|保有者はスイッチングを急げ! )

 

 

 <関連記事>

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、S&P500指数に投資する投資信託の中で、信託報酬が最も安くおすすめの投資信託です。特定口座のほか、つみたてNISAでも買付けを行っています。

セレクトプランに移行する予定の人は加えてみてはいかがでしょうか。

 

SBI証券から楽天証券に、iDeCo口座の移管を決めた時の記事です。

 

当ブログのプライバシーポリシー