塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

【途中経過報告】ソフトバンク(9434)のIPO抽選結果



f:id:e510r4:20181211002533j:plain
こんにちは、コーディーです。

 

ソフトバンク(9434)のIPOについて、抽選結果が出始めています。

 

コーディーが申し込んだ4社の内、みずほ証券以外の証券会社からは抽選結果が公表されました。

 

取り急ぎ途中経過報告をします。

 

(2018年12月12日追記①)

みずほ証券の当選結果が出ました。

100株申込みを行い、100株が補欠当選となりました。

(2018年12月12日追記②)

SBI証券より、当選株数が誤りだっと連絡が入り、結局200株の当選となりました。

<目次>

 

 

 

抽選結果

コーディーは、主幹事証券会社の計4社から申込みを行っています。

(関連記事 ⇒「悩んだ結果、ソフトバンク(9434)のIPOへ申込むことにしました!」)

 

ソフトバンクは当選確率が高いと思ったことと、他のIPO銘柄に資金を振り分ける必要があったことから少額しか申し込んでいませんでした。

 

しかし、以下のとおりSBI証券とSMBC日興証券から当選をいただきました。

複雑な心境ではあります。

  1. SBI証券
    200株申込み→100株当選 200株当選
  2. SMBC日興証券
    100株申込み→100株当選
  3. 野村証券
    200株申込み→100株補欠当選
  4. みずほ証券
    結果待ち 100株申込み100株補欠当選
  5. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
     参加せず
  6. 大和証券
    参加せず

 

購入するか?

12月10日付け、日経新聞電子版の記事によると、応募倍率は1.1倍程度となった模様です。

 

今回、少額でしか申し込んでいないにも関わらず当選が出ていたり、ツイッター上でもボコボコ当選報告があったりするのを見て正直なところ不安感を覚えます。。

 

購入の有無については、全ての当選結果が出そろってから最終的に判断したいと思います。

 

とりあえず、SMBC日興証券については、当選したのに購入しないと今後1ヵ月間は他のIPOに参加できなくなるというペナルティーがあるため購入する予定ですが。。

 

 

 

 

<関連記事>

One Tap BUY(ワンタップバイ)でもIPOを取り扱うようになりました。ソフトバンクが取り扱いの第一弾です。

実際、当選している人も結構いるようです。

 

IPOに当選するためには、複数の証券口座からひたすら申し込み続ける必要がありますが、SBI証券の場合は落選してもIPOチャレンジポイントが貯まり、ゆくゆくは誰でもS級銘柄をゲットできる可能性があります。

忘れずに申込みましょう!

  

大和証券では「チャンス当選」という制度があり、通常抽選で落選しても敗者復活戦に参加できます。

そのためには「チャンス回数」をゲットする必要があるのですが、同社の株主優待を取得することでも簡単にゲットできます。3月末と9月末は権利取りにチャレンジしてみては?

 

当ブログのプライバシーポリシー