塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

楽天ポイントで積み立て投資が出来るようになりました|貯めるなら楽天ポイント一択か?!



f:id:e510r4:20180828000555j:plain

こんにちは、コーディーです。

 

楽天証券では楽天スーパーポイントで投資信託を購入することが可能です(関連記事 ⇒ 余った楽天ポイントで投信を購入 )。

 

今まではスポット購入でしか利用できませんでしたが、2018年9月30日より積み立て投資でもポイントを使えることになりました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

積み立て投資でも楽天スーパーポイントを使用できる 

f:id:e510r4:20180827225254p:plain

制度の要点
  • 一度ポイント利用設定を行えば、以後はポイントの自動利用で投信を購入可能(1ポイント1円として利用可能)

  • ポイント残高が不足している場合は、現金と併用して投資信託を購入

  • ポイント利用設定は、次の3種類から選択可能
    ⇒「すべて使う」、「毎月上限〇〇ポイント」、「毎日上限〇〇ポイント」

  • 対象口座は、特定口座、一般口座のほか、NISA口座やつみたてNISA口座でも利用可能。

 

ポイントで投信を買えるということのメリット 

楽天ポイントは、楽天市場での買い物や楽天カードの利用等、様々な場面でチャリンチャリンと入ってきます。

 

以前の記事でも書きましたが、毎月入ってくるポイントを使うことで、手元資金を使うことなく資産運用できるというメリットがあります。

 

また、ポイント利用だと自分の懐は痛まないため、例え投信が値下がりしたとしても精神的に余裕が生まれます

 

スポンサーリンク

 

 

 

コーディーは、夫婦で楽天ROOMというサービスを使うことで、普段の購入ポイントに上乗せしてアフィリエイトポイントをもらっています(詳細はこちら ⇒ 楽天ROOMでコツコツ稼げる簡単な方法 )

 

入ってくるポイントは月ごとに差はあるのですが、コーディーのROOM口座だけで、均すと概ね月3~4千円分程度となります。このポイントは通常の買い物時に、ちょっと手間をかけただけで入る、完全なるノーリスクポイントです。

 

 

楽天ポイントは、貯めようと思うと様々な貯め方があり、それだけで一冊の本になり得ます。

一番のメリットとしては、ポイントをただ買い物に使うだけではなく、そのまま1ポイント1円として運用に回せるという点ですので、使い道のないポイントはサクッと投資信託に替えておきましょう。

 

<関連記事>

楽天ポイント関連の記事です。文中でご紹介した記事と同じものです。

 

当ブログのプライバシーポリシー