塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

やっとiDeCo口座の移管が完了|SBI証券から楽天証券へ



こんにちは、コーディーです。

 

2018年6月29日付けの記事「iDeCo(イデコ)の口座をSBI証券から楽天証券に移管する」にも書いたとおり、iDeCoの口座について、SBI証券から楽天証券への移管を進めていました。

 

当初、手続き完了まで1~2ヵ月程度と考えていましたが、待てど暮らせど移管されず、結局「移管口座完了通知書」を受領したのは11月に入ってからでした(手続き完了日は2018年10月26日)。

 

実質、3ヵ月かかりました。。

 

移管を考えている方はお早めに!

<目次>

 

スポンサーリンク

 

 

 

移管口座完了通知書を受領

移管が完了すると以下のとおり「移管口座完了通知書」が送られてきます。

f:id:e510r4:20181107011248j:plain

 

当初、手続きの完了までの所要時間は1~2ヵ月程度と確認していたのですが、実際に完了するまで3ヵ月かかりました。 

 (どこにどう時間をかけているのでしょうか??)

 

手続きの流れ

ちなみに、移管のおおまかな流れは以下のとおりです。

  1. 楽天証券のウェブサイトで申込み(申込完了後、書類が送られてくる)
  2. 申込書類を楽天証券に返送
  3. 国民年金基金連合会の審査等(1~2ヵ月程度とのことであるが・・・)
  4. 手続き完了・各種書類到着(①個人型年金加入確認通知書 ②個人型年金移管完了通知書 ③口座開設のお知らせ ④コールセンター/インターネットパスワードのお知らせ

 

移管したい人は早く手続きをやった方が良いです!

 

移管手続きが遅かったことによるメリット

移管手続きが行われている間、市場は荒れに荒れました

10月10~11日の米国債長期金利の上昇を発端とする世界同時株安で、あの堅調だった米国株が急落したのです。

 

自ずとイデコ口座の投資信託にも影響があるはずでした。

 

ただ、今回は移管手続き中だったことで、うまい具合に10月5日頃に全て自動で現金化されていたので、全くダメージは受けませんでした。

 

全く狙ったものではなくただのラッキーですw

 

<関連記事> 

コーディーがただ待っている間に、SBI証券が反撃をしかけました。

「セレクトプラン」という非常に魅力的なプランを2018年11月から提供開始することになったのです。

もしかするとまたSBI証券に移管し直すことになるかもしれません。要検討です。

 

 

現在、iDeCoでは楽天VTIに100%投資しています。

バンガードが日本で投資信託の直販をする可能性がありますが、その場合、楽天VTIにも何らかの影響が出てくるでしょう。

 

 

当ブログのプライバシーポリシー