塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

ベンチャー企業のBank Invoiceより臨時株主総会の招集通知が届く



こんにちは、コーディーです。

 

コーディーは、経理部門における請求書のペーパーレス化事業を行っているBank Inovice株式会社に、FUNDINNO(ファンディーノ) を通じて投資しています。

 

株式投資型のクラウドファンディングというやつですね。

 

このたび、同社より臨時株主総会の招集通知を受領しました。

<目次> 

 

スポンサーリンク

 

 

 

封筒を開けてみると・・・

封筒の中に入っていたのは、①委任状、②臨時株主総会招集ご通知、③個人情報保護シール、の3点でした。

 

委任状

委任状はこんな感じです。

三菱UFJ信託銀行が株主名簿管理人を担っているだけあって、機械での印字で対応しています。

f:id:e510r4:20181124233919j:plain

 

招集通知

招集通知を開けてみると、、

 

2アップでプリントアウト

 

されていました。

f:id:e510r4:20181124234806j:plain

この手の書類で2アップは見たことはなかったので、ちょっとばかり驚きました(^o^;)

でも、紙の使用枚数は減らせるw

 

Bank Invoice自体が請求書のペーパーレスを行っていることから、ここにメッセージを込めてきたのかもしれません!

 

それだったら4アップにしてくれてもいいです!

 

議案

議案は、次の3点です。

  1. 募集株式発行の件
  2. 当社の取締役及び監査役に対するストック・オプションの報酬額及び内容決定の件
  3. 当社の役職員及び社外協力者に対しストック・オプションとして新株予約券を発行する件 

 

1号議案については、フィンテック業界における業績拡大に向けた資金調達を機動的に行うために2億円(2百万株×100円/株)の枠内での第三者増資を行うというものです。

 

上場株式だったら希薄化が気になるところですが、未公開株式なので特に気にしていません。

むしろ早く資金調達してもらって売上に結び付けて欲しいところです。

 

未公開株式への投資 

FUNDINNOでは、未公開株式への投資を通じて、ベンチャー企業に投資が可能です。

未公開株式への投資は、投資したお金が全額無くなる可能性が高いためあくまで余裕資金の枠内におさめるべきですが、余裕があればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

なお、ベンチャー企業への投資には、ファンディーノのほか、エメラダ・エクイティを通じて行うことも可能です。

こちらは株式を取得するのではなく、新株予約券を取得するスキームです。

(関連記事 ⇒ エメラダ・エクイティでベンチャー投資家に ) 

 

 

<関連記事>

Bank Invoice関連の記事です。

 

当ブログのプライバシーポリシー