塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

iFreeシリーズに米国を投資対象とした投資信託が2つ追加される|待望のNASDAQ100連動型投信に期待



f:id:e510r4:20180816161948p:plain

こんにちは、コーディーです。

 

大和証券投資信託委託が展開する投資信託であるiFreeシリーズより、米国株投信として新たに2つ加わることが分かりました。

 

ナスダック100をベンチマークとする「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」と、S&P500のレバレッジ型である「iFreeレバレッジS&P500」の2つで、いずれも2018年8月31日より提供開始される予定です。

 

個人的には「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」に興味を持っています。

<目次>

 

スポンサーリンク

 

 

 

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス

ナスダック100に連動するETFとしては、インベスコQQQトラストシリーズ1(旧名:パワーシェアーズQQQトラスト)があり、VTIやVOOをしのぐ驚異的なリターンを上げてきました。

 

f:id:e510r4:20180816152644p:plain


ただ、なぜかナスダック100に連動する投資信託は販売されてなく、ようやく出てきたという感じです。

 

QQQは買付手数料がかかりますが、この投信はノーロードなので少額から細かく買付けできるのがメリットではないでしょうか。

 

名称 iFreeNEXT NASDAQ100インデックス
概要 NASDAQ100指数(円ベース)の値動きに連動した投資成果を目指す投資信託
信託報酬 0.450%(税抜)

ファンドの形態

f:id:e510r4:20180816153018p:plain

ファンドの仕組み

ファミリーファンド方式をとっており、マザーファンドを通じて米国株式に投資します。また、ETFにも投資する場合もあるとのことです。

 

f:id:e510r4:20180816153031p:plain

 

スポンサーリンク

 

 

 

iFreeレバレッジS&P500

S&P500をベンチマークとする投資信託は各社から提供されていますが、レバレッジ型というのは今までありませんでした。

 

名称 iFreeレバレッジS&P500

概要 S&P500指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度を目指す投資信託(確実に2倍になる訳ではない)

信託報酬 0.90%(税抜)

ファンドの形態

f:id:e510r4:20180816153050p:plain

ファンドの仕組み

ファミリーファンド方式をとっています。マザーファンドにて運用を行います。

投資対象としては、米国の株価指数先物取引、米国・日本の債権、ダイワ・マネーストック・マザーファンドの受益証券です。また、米国株・ETFにも投資する場合があるようです。

f:id:e510r4:20180816153104p:plain

レバレッジ型の留意点

iFreeレバレッジS&P500は、S&P500指数が上がり続けることが出来ればS&P500を超える利益を手に出来ます。

 

ただ、下落時にも指数の2倍下落するため、下落した次の日に指数の2倍戻したとしても、指数には負けてしまいます

 

具体的には、以下のとおり、S&P500指数が10%下落した後、翌々日に指数が10%戻した場合、指数の基準価格は99(▲1%)ですが、iFreeレバレッジS&P500は96(▲4%)と、3ポイントの差を付けて負けることに。。

f:id:e510r4:20180816153925p:plain

 

つまり、調整相場に弱い投信ということになります。


そのため、このファンドは、長期で持つというよりは「ここだ!」というポイントで保有するのが良いと思います。

 

<関連記事>

iFreeシリーズには、GPIFのポートフォリオに近づけることを目指す投信も加わります。 

 

S&P500関連の記事です。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は信託報酬が安くおすすめの投資信託です。

 

本家VTIと楽天VTIを比較検討した記事です。どちらに投資するかは、自身の投資手法により選択するのが良いと考えます。

 

当ブログのプライバシーポリシー