塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

【IPO情報】レオス・キャピタル・ワークスが2018年12月25日に上場するが・・・



f:id:e510r4:20181121232618p:plain

こんにちは、コーディーです。

 

ひふみ投信で有名なレオス・キャピタル・ワークスが、2018年12月25日に東証マザーズ市場に上場することが決定しました。

 

ひふみ投信が下げまくっているのが気になりますが、現時点では申込みはするつもりです。

〈目次〉

 

 

 

レオス・キャピタル・ワークスの上場

レオス・キャピタル・ワークス(7330)は、2018年12月25日に、東証マザーズ市場に上場する予定です。

 

 

  • 想定価格    2,010円
  • BB期間      12月6日~12日
  • 主幹事証券   みずほ証券
  • 幹事証券    SBI証券
            楽天証券
              マネックス証券
                 ライブスター証券
上場の目的は?

今回の上場にともなう株式新規発行によりレオス・キャピタルが手に入れる資金は1,159百万円です。

 

その使途は、システム投資に500百万円、運転資金(顧客分別金信託の設定)に659百万円とのことです。

 

なお、システム投資500百万円の内訳は以下のとおりです。

  • 直販顧客管理システムの整備  450百万円
  • ホームページ改修       20百万円
  • トレーディングシステムの整備 30百万円

 

ひふみが復活するべく有意義に使ってもらいたいですね。 

 

応募するか?

基本的に申込みはします。

 

ただ、以下の要因から、あまり初値高騰は期待できなそうです。

  • 市場からの吸収金額が73億円と多く、荷もたれ感があること。
  • 12月25日は、ベルトラ(7048)、リンク(4428)との3社同日上場となり、資金が分散されること。
  • ひふみ投信の人気が落ちてきていること。

 

そのため、個人的には、現時点で人気が集中しているリンク(4428)の方に資金を振り向けたいと考えています。

 

 

<関連記事>

ひふみの人気がパフォーマンスに比例して衰えてきているのが、今回の上場にも影を落としそうなところが気にかかります。

 

今回はIPOチャレンジポイントは使用しないつもりです。

リンクに使うかどうかを迷っています。

 

当ブログのプライバシーポリシー