塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

12月にもらっておきたい、おすすめ株主優待5選



f:id:e510r4:20180823222637j:plain

こんにちは、コーディーです。

 

12月度は株主優待の数が多いですが、優待の内容も充実したものが多いです。

 

それだけクロス取引のための一般信用売りの玉を確保するのも大変です。

早めに資金確保等の戦略を練っておきたいところです。

 

今回は、12月にもらっておきたい優待を5銘柄ピックアップしましたので、ご紹介します。

<銘柄一覧>

 

 

 

日本マクドナルドホールディングス(2702)

マクドナルドからは、保有株数に応じてマクドナルドの店舗で使える優待食事券がもらえます。

 

1枚の優待券の中に、以下の3種類の引換券が入っています。
バーガー類お引換券
サイドメニューお引換券
ドリンクお引換券

 

家計は大助かり

一枚ごとに自分の好きな商品に交換できるのですが、金額の上限はありません

 

要はハンバーガーでもビックマックでも株主優待券1枚と交換となります。

自然と高単価のバーガーとポテトL・コーラLを選んでしまいますw

 

我が家は奥さん・子供もマクドナルドが好きなので家計は大助かりです。

 

大人2名分は優待券を使い、子供のハッピーセットだけ支払うため、1回の食事での支出は390円で済みます

2,000円弱程度の節約ができているということですね。

 

取得条件等、詳しくはこちらの記事(⇒マクドナルドの株主優待は、マック好きにはたまらない超優良制度)に書いていますので、あわせてチェックしてみてください。

 

すかいらーくホールディングス(3197)

すかいらーくホールディングスからは、保有株数に応じて株主優待カードが贈られます。

f:id:e510r4:20181202112753j:plain

「Sガスト」と宅配を除く、すかいらーく系列の店舗で、500円単位で使えます。

 

売却も可能

もし使う見込みがなければ街のチケット屋でも額面の70~75%ぐらいで売却できるので、優待派の個人投資家には大人気の優待です。そのため一般信用売りの在庫は毎回争奪戦です!

 

取得条件等、詳しくはこちらの記事(⇒【ファミリーにおすすめ】すかいらーくの高利回り株主優待に、家計を助けてもらおう)に書いていますので、あわせてチェックしてみてください。

 

トラスコ中山(9830)

トラスコ中山からは、カタログギフトが贈られます。 

カタログギフトは2種類あり、保有株数によって変わります。

f:id:e510r4:20181202115407j:plain

ちなみに、トラスコ中山の優待は社員が自分達で一生懸命選んだ商品なので、カタログを眺めると色々と工夫が見えておもしろいですよ。

 

グリルパンはもらって大満足だった

 2017年度に初めて取得したのですが、その時は5,000円相当の商品としてグリルパンをもらいました。

鳥のモモ肉に塩コショウしてからこれでグリルしただけでジューシーに仕上がり、非常に美味しかったです。

 

以前はオーブン調理をすることが多かったのですが、オーブンだと表面が乾燥しやすくなります。

その点、グリルパンには蓋が付いているので表面は乾燥せず、蒸らす効果も加わりジューシーになるのです。

 

話はそれましたが、今年の優待品は何が選ばれるのか今から楽しみです。

 

※株主優待の内容や取得条件などの詳細はこちら

 

 

 

マブチモーター(6592)

マブチモーターの株主優待品は、千葉県産品・香川県産品・自社製品等から選択します。

保有株数によってもらえる優待品のレベルが異なります。

f:id:e510r4:20181202121425j:plain

 

「マブチS-1」が気になる

マブチモーターの優待品の中で気になっているのは、自社オリジナル品である水中モーター「マブチS-1」と今治タオルのセットです。

 

中でも「マブチS-1」が気になっているのですが、これ懐かしくないですか?!

f:id:e510r4:20181202122202j:plain

「マブチS-1」は累計2,700万個も売れた大ヒット商品です。子供の時に遊んだ記憶があるのですが、1997年に生産終了しています。

 

今回、「マブチS-1」を懐かしむ声が多数あったため「復刻版」として優待品に加わったとのことです。

 

これは是非ゲットして、子供とお風呂で遊ぶしかない!

 

※株主優待の内容や取得条件などの詳細はこちら

 

きちり(3082)

きちりからは店舗で使える食事券がもらえます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/e/e510r4/20180407/20180407200403.jpg

 

食事券の額面は1枚3,000円ですが、株数ごとにもらえる枚数が異なります。

f:id:e510r4:20181202123531j:plain

 

メニューが高いので株主優待品に助けてもらおう

きちりはランチタイムは子供が多く、従業員も子供対応に慣れているため使いやすいです。

結構ママさん達が子供連れで女子会(?)をしています。

 

ただ、メニューの単価が高い

 

パスタ1,700円、ハンバーグ1,800円とかです。

子供向けメニューも高い。。

 

そうそう行けないので、こういった株主優待を併用して家計を節約しながら、日常生活にちょっとした楽しみを取り入れていこうと思います。

 

※株主優待の内容や取得条件などの詳細はこちら

 

 

いかがでしたでしょうか。

いずれも一般信用売りが可能な銘柄です。クロス取引を行う方で逆日歩が心配な方は、在庫が残っていれば一般信用売りの利用をおすすめします。

 

一般信用売りの玉の争奪戦になる銘柄としてはすかいらーくホールディングス(3197)が頭一つ抜けています。

もし取れなければ逆日歩の状況を見て制度信用でチャレンジしようと考えています。

  

<関連記事>

持株数に完全に連動しない株主優待制度は、一見すると「株主の権利」に合致していないと思われますが「やりすぎなければOK」とされています。

 

当ブログのプライバシーポリシー