塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

IPOの管理に「IPO手帳」が使えます



こんにちは、コーディーです。
 
読者の皆さんはIPOには積極的に参加していると思いますが、IPO銘柄が多くなるとスケジュール管理が大変になりますね。
 
私は、以前はIPO紹介ブログなどでスケジュールや幹事証券会社等の情報を確認し、ノートにメモっていたのですが、IPO手帳というサイトに登録するようにしてから管理が楽になりました。
 

IPO手帳とは

IPO手帳は、IPOのスケジュール管理をしやすくする無料ツールで、主に以下の機能を持っています。 
  • IPO銘柄ごとに幹事証券会社が一覧表示され、需要申告期間・購入申込期間が表示されるので、漏れを防げる。

  • 自分の持っている口座を登録しておくことができ、証券会社ごとに購入や需給申告の意向を登録させておくことができる。
    ⇒IPOは基本的に全口座から申し込むことになると思いますが、不人気銘柄でSBIチャレンジポイントをもらうためだけにSBI証券のみ参加する、といった場合に有効ですね。

  • 自分の登録口座だけではなく、妻や子など他名義の口座も登録できる。
    ⇒IPOは複数口座から申し込んだ方が当選の確率が上がるため、妻や子の名義でも抽選参加する人もいるかと思います。その際に管理がしやすくなります。

  
スポンサーリンク

 

 

 

 

IPO手帳のサイトイメージ

f:id:e510r4:20180325010059p:plain

 

これらの機能が無料で使えるというところがポイントですね。
 
また、証券口座のID・PASSの入力も不要なので、セキュリティーを気にしなくて使えるところも良いです。
 
よろしければ使用してみてはいかがでしょうか。 

 

当ブログのプライバシーポリシー