塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

マイカーを手放せば年間50万円以上を節約できる!



お金を貯める手段として、 株式投資などで資産を増やすのも大事ですが、節約により支出を減らすことを考えるのはもっと大事です。

 

節約による大きな効果が期待できるのは、車の維持費です。

f:id:e510r4:20180504000906j:plain

<目次>

車を持つべきか?

車は一度購入すると、数年単位で保有し続けることが多いですが、節約を考える時には、このように長期間にわたり固定費がかかるものを削ると、効果が出やすいです。 

 

ただ、車は、お金のことを考える以上に趣味の要素も大きいので、一概にマイカーを手放すことを薦める訳ではありませんが、自分にとって本当に必要かどうかを考えるべきでしょう。

マイカーを持ったものの・・・

f:id:e510r4:20180503235222j:plain

私は、社会人になってから、貯めたお金で憧れだったフォードエクスプローラー(エディバウアー)を購入しました。

車両価格は中古で200万円と記憶しています。

 

車を持つと世界が拡がると信じていたのですが、いざ買ってみると、そんなに乗ることがなかったという・・・。 

 

車がなくても便利な場所に住んでいたり、土日のどちらかは仕事をしていたりと、あまり乗る機会がなかったんですね。

 

そして、エクスプローラーの排気量は4,600ccで、燃費はリッター4kmというモンスター級の金食い虫

エンジンをかけると爆発音がとどろいていました。

 

結局、引越しを機に2回目の車検を通さずに売却することにしました(売却価格は35万円)。。

 

色々と思い出もあり好きな車でしたが、お金の面を考えると失敗と言えるでしょう。。

 

これ以降は、レンタカーに変えています

 

スポンサーリンク

 

 

 

マイカーからレンタカーに変えることで年間50万円はコスト削減が可能!

f:id:e510r4:20180503234044j:plain

 

マイカーとレンタカーでかかる費用を比較してみました。

結構な差があることが分かります。

 

f:id:e510r4:20180530005721p:plain

 

マイカーを持つ場合

概算ですが、250万円の中古車を買った場合、1年間に発生する費用は118万円となります。

 

この中には、ガソリン代として4万円入っているので、

全く運転しない場合でも、差し引き年間114万円が懐から出て行くことになります。

  

乗らないともったいないという心理になってきますね。

 

ちなみに、、

4年間の費用合計は474万円ですが、ガソリン代を差し引くと450万円が勝手に消えていく計算となります。。

 

レンタカーに変えることを考える

f:id:e510r4:20180503234904j:plain

レンタカーに変えると、1年間に発生する費用は64万円、4年間では256万円となります。

 

マイカーとの維持費の差は、、

1年間で54万円、4年間で218万円です。

 

結構大きな額を節約できることになりますね!

 

また、全く乗らない場合は支出はゼロな訳ですから、レンタカーの使用を抑えることでも節約ができますね。

マイカーのような維持費がかからないのは大きいです。

 

今後もレンタカーを使います 

今回は、レンタカーを年間60日使用する前提で計算していますが、我が家の借りる頻度としては、せいぜい2~3カ月に1度なので、年間使用額としては10万円程度です。

 

日々の移動は電車と電動自転車で、ごく稀にタクシーを使うぐらいです。

 

今後も、おそらくマイカーを持つ可能性は低いのではないかと思っています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

老後は「便利さ」よりも「安心感」を取る

f:id:e510r4:20180504004257j:plain

高齢になった場合は、以下の点からタクシーやバスの利用に切り替えた方が良いと考えます。

  • 身体的な衰え

    高齢になると、身体的に衰えが出て、判断力も鈍ります。その状態で運転をすると、どうしても事故を起こす可能性が高くなります。

    例え小さな自損事故であっても、「昔はこんな事故を起こすことなどありえなかったのに。。」と、事故がきっかけで自信をなくしてしまい、普段の生活にも影響をきたしてしまうこともあり得ます。

  • 維持コストがさらに重くのしかかる

    現役時代は毎月給料が入ってきますが、引退した後は、多くの方が年金や貯蓄で暮らすことになるでしょう。
    その場合は、車のようにコストがかかるものは、ますます維持が大変になってきます。

 

以上のように身体的にも金銭的にも、車を保有することが難しくなってきます。

 

孫を駅まで迎えに行ったり、病院に行ったりと、車は便利で色々な使いみちがあると思いますが、無理して保有したり、自分で運転したりせずに、タクシーやバスなどの利用に切り替え、精神的な安心感や健康を優先することを検討した方が良いと考えます。

 

浮いたマイカーの維持コストを、旅行に行ったり、おいしいものを食べたりするのに充てるのもいいですね。

 

当ブログのプライバシーポリシー