塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

Bコミさんの新著「伝説のトレーダーに50万円を1億円にする方法をこっそり教わってきました」を読了しました



f:id:e510r4:20181021012940j:plain

こんにちは、コーディーです。

 

今、話題になっているBコミさんこと坂本慎太郎さんの新著である『伝説のトレーダーに50万円を1億円にする方法をこっそり教わってきました』を読み終えました。

 

本書は、テクニカルでなかなか勝てなかった「山田くん」が「坂本さん」にファンダメンタルズをベースにした投資方法を教わるのですが、全編対話形式で書かれており、初心者の方にもわかりやすくまとめられています。

 

投資初心者のほか、テクニカルに限界を感じている人も一読の価値があると思います。

<目次>

 

スポンサーリンク

 

 

 

日常生活すべてが投資家目線

Bコミさんとは

Bコミさんこと坂本慎太郎さんは、メーカー勤務を経て、日経の証券会社でのディーラー、大手生命保険会社での株式・債権のファンドマネージャーや株式のストラテジストといった職を歴任し、年収1億円を稼いだこともあったそうです。

 

現在は日本株を中心に投資を行っており、ラジオNIKKEIなどでも自身の推奨銘柄などについてコメントされていますね。

 

本書の冒頭の挨拶では、「テクニカルを捨ててファンダメンタルズを!」と声高におっしゃっており、Bコミさん自身もファンダメンタルズの手法を使い、1年5ヵ月かけて元本150万円から4,880万円の利益を生み出したと書かれています。

 

最初にそんなパフォーマンスを読ませられたら先を読んでみたくなりますよねw

 

ファンダメンタルズ投資

ファンダメンタルズでは、企業の財務状況をつぶさに分析し、現在の株価水準等を考慮しつつロジックを組み立てて投資可否を判断します。

 

自分の描くストーリーの結果が出るまではある程度の期間が必要になるため、中長期目線の投資法となります。

 

そのため日中は仕事で株式市場に参戦できないサラリーマンの方々にもおすすめの投資方法です。

 

常に目を光らせる 

Bコミさんは街に出る時もボーッとせずに何か投資判断に活かせるものはないかと目を光らせているそうです。

 

例えば、「企業の本社ビルの明かりが平日深夜や土日も点いている 工場も忙しいだろう 受注がたまっているのだろう 好決算が期待できる といったストーリーを組み立てて投資し、実際に決算発表を受けて株価が急騰したことが紹介されていました。

 

普段の日常生活において様々なところに気を配ることで自分の利益に結びつけているのですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

本書は、冒頭に書いたとおり、山田くんと坂本さんの対話形式でまとめられており大変読みやすく、内容も基本から応用まで書かれています。

 

また、日本株投資家を対象に書かれていますが、ファンダメンタルズの考え方については米国株投資家の方にも色々と気づきがあるのではないでしょうか。

 

P.S.

ちなみに、テクニカルから脱却した山田くんは、最終的にはチャートから移動平均線を消してしまうまでになりました!

 

当ブログのプライバシーポリシー