塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

ソフトバンクIPOは公募価格割れスタート!損切りか保有継続か?



f:id:e510r4:20181219174834j:plain
こんにちは。

元気がなくなったコーディーですw

 

2018年12月19日は、全国の投資家が注目するソフトバンク(9434)の上場日でした。。

 

結果は皆さんご存知のとおり、公募価格割れ

起こってはいけないことが現実のものとなってしまいました。。

 

結構な数量を購入している投資家も見受けられますが、皆さん大丈夫でしょうか。。

<目次>

 

 

公募価格割れ!

公募価格は1,500円でしたが、初値は1,463円(-2.5%)でした。

 

株式新聞の直前の初値予想では公募価格と同値の1,500円とされていましたが、あっさりと下回ってしまいました。

 

グレーマーケットで1,500円を超える需要があっただとか言われていましたが、、、。

 

初値売りか保有か?

f:id:e510r4:20181219192203j:plain

コーディーは、SBI証券から200株、SMBC日興証券から100株の計300株の割当があり、全て購入していました。

(関連記事⇒【最終決定】当選したソフトバンク(9434)のIPO 購入したか辞退したか?

 

寄り前にドキドキしながら板を見てみると、あっさりと公募割れ価格の1,463円あたりで出来てしまいそうでした。

 

こりゃアカンと思い、早速初値売りをセットしました。

 

結果、11,100円の損失です(手数料等含まず)。

 

オーウエルのIPOの利益が10,500円だったので、ほぼほぼ損益通算できたのは幸いでしたが。。

 

 

 

終値は14.5%安!

f:id:e510r4:20181219174409p:plain

初値を付けた後、どんどんと安値を更新していき、終値は1,282円でした。

公募価格に対して14.5%安。。暴落ですね。。

 

初値売りしておいたのは不幸中の幸いでした。

 

配当利回りが5%と高く、中長期で保有することとしている個人投資家の方もいるかと思います。

しかし、初値こそご祝儀価格で利益が出るかと踏んでいましたが、それも剥落した今、持ち続けるメリットは無いと考えます。不透明感が満載ですから。

f:id:e510r4:20181219192528j:plain

鐘を鳴らしている場合ではない

cis氏の予言どおり

株クラで神と崇められるcis氏もソフトバンクIPOについてコメントしています。

 

ここでも神の言う通りでしたね。

 

 


コーディーは、今回のソフトバンクの上場をもって、2018年のIPOは終了しました(この後に続く銘柄は当選していないんで(;_;))。

 

2018年のIPO損益は別途まとめておこうと思いますが、最後は有終の美で迎えたかったですね。

 

2019年のIPOについても、爆益を夢見て、コリずに申込みは続けていきます。

 

(2018年12月20日追記)

自分口座のIPOについては今年は終了ですが、家族口座でポート(7047)が補欠から繰上当選になっていたのを忘れていましたw

別で記事を書きます。

 

<関連記事>

相場の神、cis氏の本がもうすぐ発売されます。

要チェックです。コーディーは既に予約済みです。

 

IPOに当選するためには、複数の証券口座からひたすら申し込み続ける必要がありますが、SBI証券の場合は落選してもIPOチャレンジポイントが貯まり、ゆくゆくは誰でもS級銘柄をゲットできる可能性があります。

忘れずに申込みましょう!

  

大和証券では「チャンス当選」という制度があり、通常抽選で落選しても敗者復活戦に参加できます。

そのためには「チャンス回数」をゲットする必要があるのですが、同社の株主優待を取得することでも簡単にゲットできます。3月末と9月末は権利取りにチャレンジしてみては?

 

ソフトバンクが、One Tap BUY(ワンタップバイ)で取り扱うIPO第一弾でしたが、幸先の良くないスタートです。。

 

当ブログのプライバシーポリシー