塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

日刊工業新聞のコーナー「週末は別人」にはいつも感銘を受けます



日刊工業新聞で毎週金曜日に連載されている「週末は別人」というコーナーを、毎回楽しみにしています。

f:id:e510r4:20180407170339p:plain

「週末は別人」とは

様々な企業の役員など、責任ある立場の人達が、自分の持つ趣味を語るコーナーで、毎週金曜日に連載されている企画です。
 
この企画を読むたびに思うことは、偉くなる人は趣味への没頭の仕方も常人とは一味違って突き抜けているということです。
 
ある方は、体調管理のため医者から筋トレを薦められ、毎日腕立て伏せや腹筋を数百回ずつ、20年間以上一度も休まず続けていたり、車が好きな方は、A級ライセンスを取り自分のチームを立ち上げ全国を周ったりと、忙しい中きちんと趣味に没頭しています。
 
このように一つのことに集中してやり通す人が偉くなっていくのかなと感じています。
趣味に没頭できる人は、仕事にも没頭できる人で、そういう人が自然と偉くなるのだと。
 
ちなみに、私の勤める会社の偉い方とプライベートのお話をすると、やはり同じように趣味が突き抜けています
 
ある方は料理と山登りが趣味で、スキーとダッチオーブンを担いで雪山を登り、昼間はスキー、夜は山頂でカツオのたたきから始まるコースを作り上げます。
 
私も料理好きなので話に華が咲き、その流れもあってこの方からダッチオーブンを譲り受け、使い方やらレシピを伝授されたのですが、プロ顔負けの本当に深い知識をお持ちだと驚くばかりでした。
スポンサーリンク

 

資産運用にも通じる話

株式投資などで大きなお金を稼いだ人達のコメントや方法論を読んだりすると、やはり運だけではなく、皆さんきちんとコツコツ勉強して、知識と実績を積み上げています
 
著名個人投資家の片山晃氏は、 バイトで貯めた65万円を7年半で25億円にした実績を持っていますが、世の中のトレンドなどを常に考え続け、企業研究を行っているそうです。
 
片山氏は「企業研究などの地道な作業にそれなりの時間と情熱をかけられない、とはいえ値動きを読んで勝てるセンスも無いのなら、大きく儲けるのは諦めた方がよい。」と言っています。
 
私の儲けがほどほどなのは、没頭しきってないからということですね・・・( ゚Д゚)

無料会員登録して試し読みをオススメ

話を元に戻しますが、「週末は別人」は知らない世界が覗けて興味深いですし、色々と勉強になる点もあるので読んでみるのをおすすめします。
 
紙面を購読しなくとも、日刊工業新聞のHPから無料登録すれば、月11本だけですが、有料記事が読めます。 
 
以下にリンクを貼っておきますので、よろしければ。
当ブログのプライバシーポリシー