塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

外国人投資家って? 基本的な内容をサクッとまとめ



f:id:e510r4:20180730232456j:plain

 

新聞やマネー雑誌を読んでいると、よく「外国人投資家が買い越しに転換!」とか「日経先物のプットオプションを大量買っている模様!」など、外国人投資家の動向が目に入ってきます。

 

東京市場の売買代金のおよそ7割程度が彼らが運用したものなので、それだけ影響力が大きく、日本株の方向性を左右する存在となっています。

 

もう牛耳られていると言ってもいいですね。

 

「外国人投資家」と一言で言っても、その中には様々な属性があります。

 

大きく4種類に区分できますが、各々、資産規模や考え方が全く違ってくるので、整理したいと思います。

 

<目次>

 

スポンサーリンク

 

 

資産運用会社・投資信託

  • 概要:個人投資家や企業、年金などから受託した資産を運用する。投資信託の設定や運用・管理を行う。
  • 資金の属性:年金基金、保険基金、マスリテール資金 など
  • 運用体制:世界に複数の拠点を展開しているケースが多い
  • 投資スタイル:資金の属性や運用目的などによって異なる
  • 運用期間:数年程度
  • 主な機関投資家:Blackrock, Vanguard, Capital Group, Fidelity, Alliance Bernstein, Pictet, UBS GAM, など 

 

政府系ファンド

  • 概要:各国の政府が出資するファンド
  • 資金の属性:外貨準備、石油税収、国家戦略資金 など
  • 運用体制:重要判断は本国にて行うが、本国以外に複数のリサーチ拠点を構えるケースもある
  • 投資スタイル:国によって千差万別。リスクをとって積極運用するケースや安全資産を中心に運用するケースなど。
  • 運用期間:数年程度
  • 主な機関投資家:Norges Bank, ADIA, GIC, Temasek など 

 

年金基金

  • 概要:年金制度にもとづいて年金を運用する法人
  • 資金の属性:公共団体年金、企業年金 など
  • 運用体制:外部に運用を委託しているケースが多い
  • 投資スタイル:アクティブやクオンツ系が多いと見られる
  • 運用期間:数年程度
  • 主な機関投資家:TIAA CREF, CPP, TRA, ERS など 

 

ヘッジファンド

  • 概要:デリバティブなどの様々な手法を用いて「絶対収益」を追求する
  • 資金の属性:年金基金、富裕層 など。資金がないと相手にしてもらえない。
  • 運用体制:拠点数は少なく、多くても2~3拠点。少数精鋭で運用。
  • 投資スタイル:ロング・ショート戦略、グローバル・マクロ戦略、クオンツ、マルチストラテジー
  • 運用期間:超短期から長期まで様々
  • 主な機関投資家:Soros, Indus Capital, Joho, Caxton, Tiger Global Fortress など

 

海外投資家の動向を確認するには?

東証のHPにて、「投資部門別 株式売買状況」を見ることで、東京市場における海外投資家の動向が分かります。

 

以下はその抜粋ですが、海外投資家の売り・買いの規模が分かります。

見てのとおり売買代金に占める比率が7割を超えています。

 

毎週第4営業日にHPに掲載されるので、チェックしてみてください。

⇒ リンク : 投資部門別売買状況 | 日本取引所グループ

f:id:e510r4:20180731001446j:plain

投資部門別 株式売買状況(抜粋)

以上のように、外国人投資家には様々な属性があります。

いずれも大きな資金量でもって日本のマーケットに生息しているので、この人たちには逆らわずに、出来れば追従したいところです。

 


<関連記事>

 機関投資家の保有状況を確認するには大量保有報告書で確認する手があります。


国内の投資顧問会社についても記事を書いています。みさき投資はエンゲージメント投資家と呼ばれていて、投資先としっかりとした議論を行い、企業価値向上のためのアドバイスを行います。

 

 PICTETの荻野社長から投資のヒントをもらってきました。

 

ブラックロックは 2018年3月に、投資先の日本企業に対して書簡を送って、企業価値を高めてもらいたいと、自分達の意思を伝えてきています。

 

当ブログのプライバシーポリシー