塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

ソフトバンクのIPOという今年最後の祭に参加しよう!



こんにちは、コーディーです。

 

2018年11月12日(月)、ようやくソフトバンクの上場承認がおりました。

上場日は12月19日です。

 

市場からの吸収金額が2.6兆円という桁外れの規模で行われるため、複数当選の可能性もあります。

 

配当性向85%程度という高い株主還元を行う方針であることも、安心感を持って申込みができそうです。

 

ブックビルディングの期間は、12月3日から7日までなのでお忘れなく!

<目次>

 

 

 

ソフトバンクのIPO

事業の内容

ソフトバンク(9434)は、言わずと知れたソフトバンクグループ(9984)の子会社で、移動通信サービス、ブロードバンドサービス等の通信サービスの提供などを行っています。

 

f:id:e510r4:20181114001125j:plain

 

配当政策

連結配当性は85%程度を目安にするそうです。

 

別記事「日本企業と米国企業の株主還元の水準を比較すると・・・ 」にも書いたように、機関投資家の求める配当性向の水準は30~40%であるため、85%というのはかなり高い数値であることが分かります。

 

この点で買い安心感が出てくるため、公募割れは無いと考えています。

 

 

IPO主幹事証券

以下の6社が主幹事証券に連なっています。

  1. 野村証券
  2. 大和証券
  3. SMBC日興証券
  4. みずほ証券
  5. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  6. SBI証券

コーディーとしては、今のところ6社全ての証券会社から申込みを行う予定です。

資金移動が大変です。

 

One Tap BUYは狙い目か?

個人的に狙い目と思っているのは、スマホ証券のOne Tap BUYから申し込むパターンです。

 

先日、One Tap BUYは1株からIPOに申込みできることを発表しましたが、ここにきてソフトバンクのIPOも取り扱うことになりました。

One Tap BUYがまだあまり広く浸透していない今がチャンスと考えています。

 

 

 

すでに祭は始まっている

今回のIPOは、証券会社の多くがソフトバンク専用のページを新たに立ち上げるなど、並々ならぬ意気込みを見せています。

 

今回のIPOで主幹事証券は莫大な手数料を得られるのでしょうから、そりゃがんばりますよね。

一体いくら稼ぐのでしょうか。

 

ちなみに、SBI証券では、ソフトバンクのIPOに関するアンケートに回答した方全員に対してSBIポイントを200ポイント分配布するキャンペーンを行っています。

 

11月12~16日と短期での実施なので、口座を持っている方でまだ応募していない人は急ぎましょう!

f:id:e510r4:20181114000429p:plain

 

初値の高騰は難しいか

初値予想会社の情報はこれからですが、公募価格割れは無いにしろ、吸収金額の多さからさほどの高騰は期待できないと考えています。

 

iPhone XRの販売見通しが悪いことも気になるところです。

 

それでも一縷の望みにかけて、ひたすら申込みします。

複数枚の当選があればそれなりの利益になるでしょう!

 

【2018年11月30日追記】

ソフトバンクより仮条件が公表されました!

 

 

 <関連記事>

巷でささやかれているiPhone XRの不振もソフトバンクのIPOに影響を与えそうです。

アップル(APPL)の動向に注目が集まります。

 

IPOの当選を目指すのならば、SBI証券は絶対に外せません!

落選したらもらえるIPOチャレンジポイントをコツコツと貯めるだけで、いずれはS級銘柄の当選が可能となります。

 

大和証券でIPOの当選確率を上げたいならば、「チャンス当選」を狙いましょう。 

これは、チャンスポイントを貯めることで、IPOに落選しても敗者復活戦に参加できるというものです。

 

当ブログのプライバシーポリシー