塵積む者のマネーブログ

資産運用で、もがき楽しむ日々をブログに綴っています。 米国株・日本株や投資信託への投資、株主優待の取得をコツコツと行いながら、少しずつ山を築いていきます。

9月にもらっておきたい株主優待7選



f:id:e510r4:20180823222637j:plain

 

こんにちは、コーディーです。

 

9月は株主優待の数が多く、何をもらうか迷ってしまいますが、権利を取得しておきたい銘柄を7つにまで絞ってご紹介します。

<銘柄一覧> 

スポンサーリンク

 

 

 

ANA(9202)

100株以上の保有で、保有枚数に応じて「株主優待番号案内書」がもらえます。

f:id:e510r4:20180907232753j:plain

「株主優待番号案内書」は優待番号が印字されたカードのことで、これを使うと航空運賃(FLEX-D 運賃)が50%引きになります。

 

3月と9月の年2回取得でき、以下のとおり資金さえあれば青天井でもらうことができます。

f:id:e510r4:20180907224054p:plain

 

コーディーは年2回必ず取得していますが、毎回チケット屋で売却しています。

 

旅行計画中にいざ使おうと思って調べてみるのですが、飛行機とホテルを分けて取るより、パック旅行の方が安かったりするので。

 

売却価格はで変動しますが、夏休みに入る前(世間が旅行計画を立てる時)が一番高く、1枚あたり5,000円以上で売却できることもあります(2018年9月7日時点のアクセスチケットでの買取価格は1枚5,150円)。

 

※株主優待の内容や取得条件などの詳細はこちら

JAL(9201)

JALもANAと同様に、保有枚数に応じて株主優待券がもらえます。

f:id:e510r4:20180907232910j:plain

 

こちらも3月と9月の年2回取得できます。

f:id:e510r4:20180907225243j:plain

 

チケット屋での売却価格は、7,000円を超えることもあります(2018年9月7日時点のアクセスチケットでの買取価格は1枚7,300円)。

 

※株主優待の内容や取得条件などの詳細はこちら。 

スポンサーリンク

 

 

 

大和証券グループ本社(8601)

大和証券は、1,000株以上の保有で、3月と9月にカタログギフトの株主優待がもらえます。

 

普通にカタログから商品を選んでも良いのですが、おすすめはポイントプログラムの交換ポイントをもらうことです。

 

このポイントを取得しておくと、IPOの抽選に当たりやすくなります。1度抽選に外れても、敗者復活戦に参加できるのです(「チャンス当選」と呼びます。)。

 

また、交換ポイントは取得してから翌々年12月の大和証券の最終営業日を過ぎると失効しますが、交換ポイント残高に応じて商品にも交換が可能なので、ムダになることはありません。

 

 ※株主優待の内容や取得条件などの詳細は以下の記事を参照ください。


平和(6421)

平和は、ゴルフ場を保有・運営しているPGMホールディングスをグループ会社にあるため、ゴルフ場で使える優待券がもらえます。

 

優待券1枚で1名分のプレー代を3,500円引きにしてくれます。


コーディーはゴルフはしませんが、優待券はチケット屋で1枚2,000円程度で売却できるので取得しています。

最大で8枚もらえるため、合計16,000円相当になります。

 

※株主優待の内容や取得条件などの詳細は以下の記事を参照ください。

 

ワタミ(7522)

ワタミからは食事券がもらえるのですが、これはおすすめです!

 

食事券が使えるのは、居酒屋和民だけじゃなく、グループのTGI FRIDAYSでも使えます。

TGI FRIDAYSは子供連れでも行きやすいですし、味もおいしいので是非取得したいですね。

 

 ※株主優待の内容や取得条件などの詳細は以下の記事を参照ください。

 

トリドールホールディングス(3397)

トリドールホールディングスは、「丸亀製麺」などのブランドを抱える企業で、株主優待は各店舗で使える食事券となります。

 

f:id:e510r4:20180907223223j:plain

 

コーディーは、残業食を食べに、良く丸亀製麺に行くのでもらっておきたいですね。

f:id:e510r4:20180907220203p:plain

 ※株主優待の内容や取得条件などの詳細はこちら

 

ゼリア新薬工業(4559)

ゼリア新薬工業からは、100株の保有で「ヘパリーゼW」の10本入りがもらえます。

f:id:e510r4:20180907221757p:plain

1本250円くらいなので、合計2,500円相当になります。株価は24万円程度なので優待利回りとしては1%ですね。

 

次の忘年会・新年会に合わせて、もらっておくのも手ですね!

 

なお、1,000株以上の保有で、各種ドリンクや化粧品などがもらえます。

f:id:e510r4:20180907222128p:plain

 

※株主優待の内容や取得条件などの詳細はこちら

 

スポンサーリンク

 

 

 

いずれも一般信用売りが可能な銘柄なので、逆日歩が心配な方は、在庫が残っていれば一般信用売りを利用したつなぎ売りをおすすめします。

 

9月は3月に次ぐ優待の多い月なので色々と目移りしてしまいますが、資金がある限りきっちりと取得しておきましょう!

 

<関連記事>

持株数に比例しない株主優待制度は「株主平等の原則に反しているのではないか」という疑問が出てきますが、やり過ぎなければOKと解釈されています。

 

当ブログのプライバシーポリシー